大阪のICLの費用やおすすめ眼科を紹介するサイトです!

ICLレンズ
(eyewire news)

大阪ICLガイド管理人大阪でICLを受けたい場合、どのクリニックで受ければいいのか選ぶのって難しいですよね?

ICLはクリニックによって費用は大きく違いますし、ICL症例数の多さやアフターケアの充実度などをしっかり考えて選ぶ必要があります!

そこで今回は、大阪でICLを受けられるおすすめ眼科をわかりやすく紹介します!
 

 

大阪のICL費用比較 <最新版>

費用を計算するナース

ICL大阪ガイドの管理人ICL施術を選ぶ際に、クリニックによって大きく料金が異なってきます。

安さだけで選ぶことはおすすめできませんが、ここで紹介する大阪の眼科は視力回復手術の分野で実績を積んだ信頼できる眼科です。

特に大手クリニックは、衛生管理や術後のアフターケアなど徹底されているので安心できます。

クリニック 両眼料金
品川近視クリニック 大阪院
最安値
<乱視なし>
近視度数-5D未満:46.0万円
近視度数-5D以上:53.7万円
<乱視あり>
近視度数-5D未満:56.0万円
近視度数-5D以上:63.7万円
先進会眼科 大阪院
<乱視なし>
近視度数-5D未満:45.1万円
近視度数-5D以上:52.8万円
<乱視あり>
近視度数-5D未満:56.1万円
近視度数-5D以上:63.8万円
坪井眼科 乱視なし:74万円
乱視あり:84万円
むさしドリーム眼科 乱視なし:86.4万円
乱視あり:90.72万円
多根記念眼科病院 前房型フェイキックIOL 66万円
後房型フェイキックIOL 66万円
フジモト眼科 天六本院 乱視なし:50万円
乱視あり:60万円
西眼科病院 乱視なし:58万円
乱視あり:62万円
こうやま眼科 ホール付きICL 700,000円
前房型フェイキックIOL 850,000円
ひのうえ眼科 乱視なし:660,000円
乱視あり:770,000円
(※税込み価格に統一した費用表示)
注意 ICLは安全な手術ですが、デリケートな眼に施術するため突然来院してもすぐに施術は受けられません。

個々人の眼の状態を確認するため、必ず事前に適応検査を受ける必要があります。

適応検査は大阪のクリニックでも無料と有料に別れますので注意してください。

 

大阪のICL平均費用はいくら?

ICL平均価格

ICLは自費診療。あなたが行こうとしているクリニックのICLの値段は、実際は割高な可能性もあります。

ここで大阪の9クリニックのICLの値段の平均値を算出してみました。

この平均価格をクリニック選びの参考にしてください。

大阪のICL8社平均費用
乱視なし:平均640,357円(税込)
乱視あり:平均710,950円(税込)

(※平均値の算出に利用した眼科:品川近視クリニック、西眼科病院、坪井眼科、フジモト眼科、むさしドリーム眼科、こうやま眼科(乱視なしのみ)、ひのうえ眼科)

管理人 ピンク 左

ICLはしっかりしたクリニックなら、技術的にそれほど差の出る手術ではありません。

この平均のICL費用と、保障などアフターケアを考慮してクリニックを選びましょう。

 

適応検査が無料のクリニック

ICL大阪ガイドの管理人ICLは来院してすぐに施術を受けられるわけではありません。

まずは適応検査を受けて、目の状態を詳しく調べるため受診する必要があります。

適応検査には

完全に無料(ICLを受けられない場合も無料)
ICLを受ければ無料
有料

この3つのパターンがあります。

適応検査が「完全無料」

完全無料のクリニックなら、ICLが受けられないのに検査料金だけ支払うという無駄な出費が防げます。


<1クリニック>

品川近視クリニック 大阪院

 
 

大阪のおすすめICLクリニック【最新版】

クリニックの雰囲気を知りたい方、セカンドオピニオンを探している方は、適応検査が無料のクリニックをおすすめします。

品川近視クリニック大阪院

業界最大手クリニック!大手だから実現できる最安料金!

品川近視クリニック東京院

  • 適応検査が無料!
  • 土日祝も診療!
  • 60万以下施術
  • 専門クリニック
  • 3年保障
  • 再手術無料あり
  • 交通費補助

全国主要都市に展開する大手クリニック。レーシックでの実績は世界レベルであり、徹底した衛生管理や充実のアフターケアは安心できます。

集客力のある大手にしかできない低価格設定で、大阪でも全国最安水準の価格でICLが受けられます。

適応検査も無料、土日診療、長期アフターケアなど、大阪でICLを検討中なら品川近視クリニックは候補に入れて損はないクリニックです。

(※厚生労働省の承認を得たホール(穴あき)ICLを使用。)

品川近視クリニック大阪院の口コミ・評判

iclの口コミを語る男性

ICL 50代男性 Eさん
私は0.02でしたが、手術して1.5になりました。8年たっていますが、変わりません。ただし、医師に言わすと、年齢とともに視力は弱くなるとのこと。でも、今のところ視力は出てるのですが、老眼にはなっています。
(引用:Yahoo!知恵袋

口コミを語る女性

フェイキックIOL 佐藤和美さん 女性
先生から何度も説明していただいて、理解していたつもりでしたが、手術室に入る時はかなり緊張しました。手術は最初の消毒がしみて不安になりましたが、その後は麻酔で痛みはありませんでした。先生が声をかけて下さったのも安心しました。

口コミを語る女性

フェイキックIOL 佐久間さん 女性
レーシックは周囲でも受けている人が多かったので感想など聞いていましたが、フェイキックは未知の世界でとても緊張していました。眼帯をはずしてもらい視力がでているのを確認できた時は感動しました。

管理人 ピンク 右

品川近視クリニック大阪院では、大阪で一番安くICL施術が受けられます。

治療代には、薬代、定期検診費用、3年間の保証も含まれており、視力回復施術の大手だけに安心感もありますね。

ICL大阪の名医

梅田院の名医
鳴美貴仁 (日本眼科学会専門医)

和泉市立病院眼科や大阪市立大学医学部附属病院眼科をへて品川近視クリニックへ。2011年には実績を認められ品川近視クリニック梅田院の院長に就任。
機器だけに頼らず、ホスピタリティーの精神をモットーに施術を行っています。

経歴紹介

<経歴>


2002年 近畿大学医学部卒
    大阪市立大学医学部附属病院
    眼科学教室入局
    和泉市立病院 眼科
2004年 大阪市立大学医学部附属病院眼科
2006年 大阪市立十三市民病院 眼科
2007年 品川近視クリニック
2011年 品川近視クリニック 梅田院院長

大阪で最安水準の品川近視のICL料金

レンズ 両眼料金(税込)
ICL 乱視なし
一番安いメニュー
近視度数-5D未満:46.0万円
近視度数-5D以上:53.7万円
ICL 乱視あり 近視度数-5D未満:56.0万円
近視度数-5D以上:63.7万円
管理人 ピンク 右

※上記の価格には3年間の長期保障も含まれています。

品川近視クリニック大阪院データ

住所 大阪府大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田3F
アクセス ・JR大阪環状線 福島駅より徒歩5分
・JR大阪駅 桜橋口より徒歩12分
・阪神本線 梅田駅より徒歩10分
受付時間 10:00~20:00(無休)
各院 東京院、大阪院、名古屋院、札幌院、福岡院
院長名
副院長名
鳴美 貴仁
吉谷 栄人
品川近視クリニック大阪院の無料検査WEB予約へ

 
 

先進会眼科 大阪院

先進会眼科 大阪院

  • 業界最安水準
  • 土日祝も診療!
  • 無料説明会
  • 専門クリニック
  • レーシック対応
  • 1年保障

先進会眼科は実績豊富なドクターを多数抱える専門クリニック。

全国でも有数の「眼科治療のパイオニア」として視力矯正手術には特に力を入れており、ICLやアイレーシックなど安全性の高い治療を提供しています。

大阪でも最安水準の価格でICLを提供しており、万が一の場合も保証期間内の再照射・追加矯正は初回無料です。

先進会眼科(大阪院)のICL料金

ICLレンズ 費用(税込)
ICL 乱視なし
一番安いメニュー
近視度数-5D未満:45.1万円
近視度数-5D以上:52.8万円
ICL 乱視あり 近視度数-5D未満:56.1万円
近視度数-5D以上:63.8万円
管理人 ピンク 右

※上記のICL価格には1年間の長期保障が含まれています。

先進会眼科(大阪院)のドクター

経歴紹介

[院長] 數尾 久美子


<経歴>
大阪大学医学部附属病院
大阪厚生年金病院(現JCHO病院)眼科医長
四天王病院眼科医長/部長
独立行政法人国立病院機構大阪医療センター眼科医長
医療法人先進会 先進会眼科大阪 院長

先進会眼科(大阪院)データ

住所 大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル17F
アクセス ・JR大阪駅より徒歩約7分
・JR北新地駅より徒歩約12分
・地下鉄/阪神/阪急 梅田駅より徒歩約5分
・地下鉄谷町線 東梅田駅より徒歩約5分
・地下鉄四ツ橋線 西梅田駅より徒歩約12分
受付時間 平日10:30~19:00(13:00~14:00は休診)
土曜10:30~19:00(13:00~14:00は休診)
日祝10:30~18:00(13:00~14:00は休診)
休診日 毎週火曜日・水曜日、年末年始
各院 東京院、大阪院、福岡院

 
 

西眼科病院

西眼科病院(大阪市東成区)

  • 適応検査1万円
  • 無料説明会

西眼科病院では前房型フェイキックIOLと後房型ICLの両方を行っています。欧州のCEマーク取得のスターサージカル社製のICLレンズ(穴あきICL)を使用。

レーシックや多焦点眼内レンズ、オルソケラトロジー、老眼治療など眼科専門病院として高水準の手術を提供しています。

西眼科病院(大阪)のICL料金

レンズ 両眼料金(税込)
ICL 乱視なし 58万円
ICL 乱視あり 62万円

西眼科病院の名医

経歴紹介

[院長] 西 起史


<経歴>
1967年4月 東京大学から西ドイツフライブルグ大学医学部留学卒業(ドイツ医師免許取得)
1970年4月 西眼科病院勤務
1985年4月 同病院院長

西眼科病院データ

住所 大阪府大阪市東成区中道4丁目14-26
アクセス ・JR玉造駅の北側出口より徒歩8分
・地下鉄 玉造駅3番出口より徒歩10分
受付時間 平日 9:00~12:00/14:00~16:30(※木曜は午前のみ)
休診日 土曜日・日曜日

 

坪井眼科

坪井眼科(大阪市西区)

  • 適応検査5500円
  • 安心LASIK NETWORK

坪井眼科は大阪の地域密着型の眼科です。「安心LASIK NETWORK」の会員で眼科手術の安全性に注力しています。

基本的にレーシック不適応の方にICLをすすめています。ICLの手術実績はまだまだ多くありませんが、地元の方には安心感のある眼科です。

※ICLの適応検査を希望する方は、午前中の院長の診察を受ける必要があります。

坪井眼科のICL料金

レンズ 両眼料金(税込)
ICL 乱視なし 74万円
ICL 乱視あり 84万円

坪井眼科の医師

経歴紹介

[院長] 坪井 俊児


<経歴>
昭和52年 近畿大学眼科助手
昭和54年 大阪大学眼科助手
昭和59年 米国ミネソタ大学眼科研究フェロー
昭和62年 大阪大学眼科助手復職
昭和63年 (医)きっこう会多根記念眼科病院診療部長
平成6年3月 坪井眼科開業

坪井眼科データ

住所 大阪市西区北堀江1-3-2 Being四ツ橋ビル3F
アクセス ・地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅6番出口よりすぐ
・地下鉄長堀鶴見緑地線 西大橋駅4番出口より徒歩10分
・地下鉄御堂筋線 心斎橋駅8番出口西へ徒歩8分
診察時間 月~金 9:00~12:00、13:30~16:30
休診日 土曜・日曜・祝日

 

多根記念眼科病院

多根記念眼科病院(大阪)

  • 適応検査1万円
  • 安心LASIK NETWORK

多根記念眼科病院(大阪)は前房型フェイキックIOLやICLを行っており、「安心LASIK NETWORK」にも加盟して積極的に視力回復手術に関わっています。

ICL適応年齢は21歳~45歳くらいまで。白内障や緑内障、網膜疾患など目の病気がある方はICLを受けられません。

またICLレンズが届くまで2週間~1ヶ月の時間がかかります。

多根記念眼科病院データ

ICL費用 前房型フェイキックIOL 66万(税込)
後房型フェイキックIOL 66万(税込)
住所 大阪府大阪市西区境川1-1-39
アクセス ・阪神なんば線 九条駅2番出口より徒歩8分
・JR又は地下鉄鶴見緑地線 大正駅より徒歩8分
・地下鉄 大阪ドーム前千代崎駅より徒歩8分
受付時間 月~金 8:30~11:00/13:30~15:30
土曜 8:30~11:00
※土曜午前と平日午後は紹介状のある方のみ
休診日 日曜
院長名 櫻井 寿也

 

フジモト眼科 天六本院

フジモト眼科 天六本院(大阪天六)

  • 適応検査1万円
  • 無料説明会

大阪に3院を運営するフジモト眼科。レーシックやICLに力を入れており、永久コンタクトICLはライセンスを持った認定医師が手術を行っています。

欧米でも術後成績が良好と言われるスター・サージカル社製のIOLを使用。

フジモト眼科の医師

経歴紹介

[院長] 藤本 可芳子


<略歴>
1993年 フジモト眼科開設
1999年 医学博士を取得
2000年10月 レーシックを始める
2001年6月 オルソケラトロジーを始める
2002年~ 多焦点眼内レンズを用い白内障と老視治療も力注
2003年 眼瞼下垂手術を始める
2005年 フェイキックIOLを始める

フジモト眼科データ

ICL費用 乱視なし:50万(税込)
乱視あり:60万(税込)
住所 大阪府大阪市北区天神橋6-6-4 2F
アクセス ・地下鉄 天神橋筋六丁目駅12番出口より徒歩1分
・JR天満駅より徒歩5分(商店街)
受付時間 平日9:30~12:30/15:00~18:00
土曜9:30~12:30、日曜12:30~15:30
休診日 火曜・祝日
院長名 藤本 可芳子

 

むさしドリーム眼科

むさしドリーム眼科

  • 適応検査?円
  • 無料説明会?

書籍も執筆している武蔵院長が運営する大阪の眼科。フェイキックIOLの他、白内障手術やレーシック、小児眼科など一般診療も扱う総合眼科です。

フェイキックIOL手術では、角膜と虹彩の間にレンズを挿入するOPHTEC社 ARTIFLEXの前房型レンズを使用。大阪市天王寺区の他に中央区、生野区、東成区からも患者が来院しています。

むさしドリーム眼科の医師

経歴紹介

[院長] 武蔵 国弘


<経歴>
1998年 神戸中央市民病院
2000年 日本赤十字社和歌山医療センター
2004年 京都大学付属病院黄斑疾患治療センター
2007年 京都大学大学院医学研究科卒業 医学博士
2007年 むさしドリーム眼科 院長
2009年 医療法人創夢会 理事長

むさしドリーム眼科データ

ICL費用 乱視なし:86.4万(税込)
乱視あり:90.72万(税込)
住所 大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52 ウェルライフ上本町クリニックプラザ203
アクセス ・近鉄上本町駅から徒歩5分
・JR・近鉄・地下鉄千日前線、鶴橋駅から徒歩5分
・地下鉄谷町線、谷町九丁目駅から徒歩8分
診療時間 平日 9:00~12:00/15:00~18:00
土曜 9:00~12:30/14:30~17:00
休診日 日曜・祝日
院長名 理事長:武蔵 国弘、院長:阿部 英樹

 

ホワイティうめだ眼科クリニック

梅田の地下街に開院したホワイティうめだ眼科クリニックは、公式サイトにICLの記載がありますが実際のICL手術は尼崎・高槻院にて実施しています。
 
 

【※大阪市以外】大阪府内にあるICL眼科5選

こうやま眼科

先進会眼科

大阪府枚方市のこうやま眼科は手術専門の眼科です。

レーシックやICLの他にも、フェイキックIOL、多焦点眼内レンズ、オルソケラトロジーなど日本国内で認可された全ての屈折矯正施術を受けることができます。

こうやま眼科データ

ICL費用 ホール付きICL 700,000円(税込)
アルチザン(前房型フェイキックIOL)850,000円(税込)
住所 大阪府枚方市宮之阪3-6-31 宮之阪駅前ビル2F
アクセス 宮之阪駅改札口を出てすぐ
受付時間 9:00~12:00、16:00~19:00
休診日 土曜午後、日・祝日
駐車場 5台
院長名 香山 政紀

 

ひのうえ眼科

ひのうえ眼科

ひのうえ眼科(松原市)は厚生労働省が定める選定療養の実施医療機関です。

日帰り白内障手術や硝子体手術、オルソケラトロジーも行っており、ICL手術は多根記念眼科病院の副院長である福岡佐知子先生が執刀を担当しています。

ひのうえ眼科データ

ICL費用 乱視なし:660,000円(税込)
乱視あり:770,000円(税込)
住所 大阪府松原市天美東8丁目1-23
アクセス 近鉄南大阪線 河内天美駅から徒歩2分
受付時間 9:00~12:00、14:30~17:30
休診日 火曜午後、木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
駐車場 なし
院長名 樋上 泰成

 

おおしま眼科クリニック

おおしま眼科クリニック

おおしま眼科クリニック(大阪府高槻市)では、大学病院と同水準の高度な医療設備を備えています。

ICLではアメリカSTAAR Surgical社製のICLレンズを使用。高槻市では初のオルソケラトロジーも受けられます。

おおしま眼科クリニックデータ

ICL費用 不明
住所 大阪府高槻市西冠1-12-8
アクセス 阪急京都線 高槻市駅から車で8分
受付時間 9:00~11:30、15:30~17:30
休診日 水曜、木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
駐車場 15台
院長名 大島 佑介

 

高槻クリニック

渡部眼科高槻クリニック

JR高槻駅から徒歩1分の好立地にある高槻クリニック。日本眼科学会認定専門医の三好院長は経験も豊富で、ICL(有水晶体眼内レンズ)の他に白内障手術やオルソケラトロジー、ドライアイなど様々な治療に対応。

土日祝日も診療しているのでICL手術も受けやすいこともメリット。セカンドオピニオン外来も受け付けています。

高槻クリニックデータ

ICL費用 乱視なし:550,000円(税込)
乱視あり:660,000円(税込)
住所 大阪府高槻市紺屋町1-1 グリーンプラザたかつき1号館 5階
アクセス JR高槻駅から徒歩1分
受付時間 平日9:30~12:30/15:00~19:00
土日祝日14:30~18:30
(※平日の15:00~16:00は予約優先制)
休診日 水曜日
院長名 三好 淳一朗

 

川崎眼科

川崎眼科の公式サイト

河内長野市の川崎眼科は三日市町駅すぐにある好立地の眼科。ICLをはじめ、多焦点眼内レンズや低濃度アトロピン点眼、オルソケラトロジーなど幅広く実施しています。

川崎眼科データ

ICL費用 不明
住所 大阪府河内長野市三日市町1118-1 日野谷ビル2階
アクセス 南海高野線の三日市町駅前すぐ
診療時間 9:00~12:00、16:00~19:00(土曜のみ12:00~14:00)
休診日 日曜、祝日、土曜午後
院長名 川崎 厚史

 
 

これだけは知っておきたいICL

ICL(眼内コンタクトレンズ)とは

ICL_IMPLANTS
Visian ICL Implants

ICL(眼内コンタクトレンズ)は、永久コンタクトレンズともいわれています。

簡単にいうと、ソフトレンズのようなものを、眼球の中に挿入する手術のことです。

眼の中に直接挿入して長い間取り出さなくても大丈夫なため、「眼内コンタクトレンズ」「永久コンタクトレンズ」と呼ばれたりします。

途中で取り外すして元に戻すことも可能。

例えば、加齢のため白内障になった場合や強度近視になった場合、新しい視力矯正方法ができた場合など、取り外して治療を受けたりレンズを交換することもできます。

眼内コンタクトレンズには種類がいろいろありますが、ICLだけが厚生労働省の認可を得ています。

ICLとフェイキックIOLの違い

管理人 左

ICLとフェイキックIOLは同じものとして認識されていますが、正確には違いがあります。

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)はレンズの取り付け位置の違いにより「前房型」と「後房型」があります。ICLは後房型のレンズの名称です。

ICLは米国のスターサージカル社が販売している後房型フェイキックIOLの名前です。

世間ではフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)をすべてICLと呼ぶことが多いことが現状です。

 
 

ICLとコンタクトレンズとの違いは?

使い捨てコンタクト

コンタクトレンズは、眼球の外側にある角膜にコンタクトレンズを装着する視力回復方法です。

デメリットとしては、目が乾くドライアイ、目がゴロゴロする違和感、目に傷などがつき充血などの問題を起こす可能性があるところです。

ICLは、眼球の中に直接コンタクトレンズをインプラント(レンズの挿入)するのため、コンタクトレンズを装着したときのような、目の悩みが起こることがありません。

また、コンタクトレンズのデメリットである装着&取り外し、購入の手間がなく手入れも不要です。
 

ICLとレーシックとの違い!どっちを選ぶべき?

疑問

大阪ICLガイド管理人レーシックは角膜を削って光の屈折力を変えることで、見え方を調整して視力を回復する治療法。

いわゆるレーザー治療のことです。フラップ作成して角膜をレーザーで削ってしまうため、眼球を手術前の状態に戻せません。

その点ICLは、手術後も取り外して元の状態へ戻すことができます。ICLは角膜を3mmほど切開してレンズを挿入するだけなので角膜の形状は変えません。

切開痕は手術後は自然にくっつくため縫合や抜糸もありません。裸眼のような自然な視界が期待できます。

日本ではレーシックの方が有名ですが、ICLはLASIKのようにフラップに関する合併症のリスクがありません。

ICLがおすすめな方

より安全性にこだわる方
値段が高くても大丈夫な方
角膜が薄くレーシックが受けられない方

レーシックがおすすめな方

ICLより安く視力回復したい方
目にコンタクトレンズを挿入することに抵抗がある方
管理人 左

ICLとレーシックを比べると安全面ではICLがおすすめになります。

ただしレーシックも今まで数百万の症例数があり、一概に悪いというわけではありません。

無料の適応検査を受けてみて、医師に相談して納得の上で選びましょう。

 

ICL手術を受けるフロー

手術の流れは以下の通りです。

最初は必ず適応検査を受けます。術前検査はICLが適用できるかどうか、また最適なレンズを準備するための検査です。

適応検査の注意点

最適な目の状態を計測するため、ソフトコンタクトレンズ使用の方は3日間、ハードコンタクトレンズ使用の方は1週間~2週間の間は装用を中止してください。具体的な期間についてはクリニックに確認してください。

ICL手術の流れ

ICL手術の流れ

瞳孔を開く薬、麻酔薬を点眼します。

角膜を約3mm、切開します。

切開部から、レンズを挿入します。

虹彩と水晶体の間にレンズを固定。

手術は約20~30分で終了し、保護眼鏡をかけて帰宅する日帰り手術です。当日は自動車やバイクの運転はできないため公共交通機関を利用します。

手術後は48時間程度で視力が改善し、翌日の医師の診断後は通常どおりの日常生活ができます。

手術上のリスク

ハローグレア
夜間に、ハロー(光の周りに傘がかかったように見える)、グレア(滲みのように見える)の症状が出ることがあります。

感染症
どのような手術でも、感染症のリスクがあります。

その他
他に、視力異常、眼圧異常等、確率は低いものの可能性はありますので、異常を感じたら、直ちに医師に相談しましょう。
 

ICLのメリット

ICLの漫画

(出典:神戸神奈川アイクリニック公式HP)

ではレンズを挿入した後の見え方やメリットはどうでしょうか。

ドライアイになりにくい、目がゴロゴロしないなどの他にもメリットはあります。それでは、いくつか紹介します。

夜間の見え方が違う
回復力が早い
角膜が薄くても治療が可能
強度近視でも矯正が可能
有害な紫外線をカット

夜間の見え方が違う

レーシック等に比べて夜間の見え方が良いことが期待できます。

回復力が早い

手術後、直ぐに視力の回復が期待できます。

角膜が薄くても治療が可能

レーシック等の角膜を削る治療方法は、角膜が薄いと治療ができません。ですから、角膜を削らない治療方法の眼内コンタクトレンズの治療なら、角膜が薄くても治療できる可能性があります。

強い近視でも矯正が可能

眼内コンタクトレンズ治療は、レンズが対応していれば近視が強い場合でも矯正が可能です。

有害な紫外線をカット

ICLレンズは白内障、翼状片、雪目などに影響する有害な紫外線をカットします。

 

ICLのデメリットや危険性

医師の手術

いいところばかりを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

感染症のリスク
費用、コスト面

感染症のリスクとは

角膜を少し切開する手術方法がメリットでしたが、これはデメリットでもあります。

それは、角膜を削るレーシック手術よりも感染症のリスクが高くなるということです。

しかし、どちらが危険性が高いと一概には言えませんので、眼科選びを自身で見極めて治療方法を決めるしかありません。

ICLレンズ到着までの時間がかかる

ICLレンズは高額であり、患者の目に合わせたレンズは、発注から到着までに時間がかかります。

海外から国内に取り寄せる場合、1~2ヶ月はかかります。大手クリニックの場合は在庫がある場合もあります。

費用、コスト面

レーシックに比べ、コスト面が高いという点がデメリットです。

ICL治療の費用は、レンズの種類や施設、大阪など地域によっても異なります。また、公的健康保険の適用はありませんので全額自己負担です。

コスト面は、コンタクトレンズの場合は永遠にレンズや手入れの費用がかかります。大阪でもレーシックはICL治療より費用は安いです。ですが、ICL治療の方が結果を考えれば快適だともいえます。

費用を重視するか、快適さを重視するのかは、治療を受けるご自身で価値観は違いますので、ICL治療が決して高いとは言い切れないでしょう。

管理人 ピンク 右

コンタクトレンズを使用中の方はすぐに適応検査は受けられません。

適応検査は余裕を持った日程を予約し、

ソフトコンタクトレンズ:3日間
ハードコンタクトレンズ:2週間

の間は使用をやめて、メガネで生活しておく必要があります。

 

ICLに向いている人、向いていない人

※ICLに向いている人
強い近視
強い乱視
メガネやコンタクトの使用をやめたい人
レーシックよりも、見え方の質を高めたい人
コストはかかるが、快適さを重視したい人
※ICLに向いていない人
白内障や緑内障などの、目の病気がある人
急に視力が大きく変化した人

ICLは、レーシック治療よりも治療できる可能性は期待されています。強い近視や角膜の薄い人でも治療が期待されます。

ですが、目の病気がある人などは向いていないと言われていますので、治療に興味のある人は医師に相談するといいでしょう。
 
 

ICL手術のよくある質問

眼内に永久的にレンズを入れても大丈夫なのですか?

ICLレンズはコラーゲンを含む対応生体適合性の高いコラマー(Collamer)という素材でできています。コラマー素材は異物として認識されずらく、長期間メンテナンスなしで透明な状態を維持する大変優れた素材です。

遠視や乱視も矯正できますか?

ICLレンズには遠視や乱視に対応したレンズがあり、いずれも視力矯正が可能です。ICLは幅広いレンズのバリエーションも特徴で、強度乱視にも対応しています。

ドライアイが心配です

ICLはレーシックと違い角膜を削らないのでドライアイの原因になりにくいのも特徴です。

ICLをしたことは見た目でわかりますか?

ICLレンズは眼内の黒目虹彩と水晶体の間の後房に固定します。外から見てもわかりません。

 
 

ICL大阪の眼科選び まとめ

大阪ICLガイド管理人ICLは、まだまだ広くは知られていない治療方法。様々なメリットもありますが、リスクやデメリットもあります。

大阪には全国規模のクリニックも含め、信頼できるICL眼科がたくさんあるので、興味のある方はクリニックで適応検査だけ受けてICL治療について質問や相談することをおすすめします。

ICL適応検査に関しては、無料で受けられる大手クリニックもあるので、気軽に専門医師に質問しやすいと思います。

費用が高すぎてICL(フェイキックIOL)には手を出しにくいという方は、医師と相談して最新のレーシックを受けるという選択もあります。

ICLは安全な施術ですが、高額でもあるので個人で勝手に考えるよりも、きちんと医師に相談してみることをおすすめします。