多根記念眼科病院のICL・フェイキックIOLはどう?費用や技術力は?

多根記念眼科病院(大阪)

  • 適応検査1万円
  • 安心LASIK NETWORK

大阪ICLガイド管理人手術による視力矯正を希望される方やそれを必要とする方でも、眼の状況等によりレーシック手術を受けられない場合があります。

また、受けられる方でも角膜を削るという不可逆的な手術に不安を感じる方がいらっしゃいます。

多根記念眼科病院(大阪)のICL手術はレーシックとは異なる方法による視力矯正手術であり、挿入するレンズは厚生労働省に承認されています。
 

多根記念眼科病院のICL料金

ICL費用
施術メニュー 料金
ICL(後房型フェイキックIOL) 乱視なし 660,000円
ICL(後房型フェイキックIOL) 乱視あり 770,000円
適応検査費用 11,000円 ※適応の可否にかかわらず返金不可。
(※税込み価格、両眼の料金です)

※術前検査後にレンズ発注する際に、レンズ代金として両眼44万円を先に支払う必要があります。残りは手術当日に支払い。

 

多根記念眼科病院の特徴

カルテを見る医師

強度近視の方でも可能な手術

レーシックは角膜を削る手術なので、手術後に残せる角膜の厚みを確保しなければなりません。また角膜の厚みには個人差があるため、どうしても角膜が薄い方もみえます。

また、強度近視の方ほど削る量は増えるので、十分な角膜の厚みを残せないことが手術前検査でわかり、レーシックできないと診断されることもあります。

ICL挿入手術は眼に数mmの小さな創口を開け、インジェクターという挿入用器具を使用して小さく折りたたまれたレンズをその小さな創口から挿入し、眼内の適切なところに留置する手術なので角膜を削る必要がなく、角膜が薄い方でも手術ができます。

ICLが日本で初めて承認された2010年より以前は、レーシックができない方ができる視力回復手術の選択肢は一般にはありませんでした。

米国では日本より早い2005年にICLがFDAに承認され手術が実施されており、現在では数多くの実施例と長期インプラントの臨床報告があり、実績のある手術といえます。
 

ICLの術後の選択肢の広さ

穴あきICL

元に戻れない手術をするのは、大変勇気がいることです。ただしICL(後房型フェイキックIOL)は挿入後に問題が生じた場合や、継続が困難なほど不満な場合は眼内から取り出すことができます。

また、ICLだけでは希望する視力が得られなかった場合、レーシックによる追加矯正で調整することも可能。

管理人 ピンク 左

レーシックは細かい微調整ができるため、多根記念眼科病院のようなレーシックも行っているクリニックを選ぶメリットになります。

 

将来、白内障になったとしても、ICLレンズを取り出し、水晶体再建としての眼内レンズを挿入することができます。

このように、手術後の選択肢の広さもICLの魅力のひとつです。
 

ICL手術の費用と効果

ICL手術は保険適用ではなく自由診療になるので、どうしても手術時にかかる費用は高額になります。

ですが、手術をせずにコンタクトレンズで視力矯正をし続けたとして、その維持費のことを考えると、それはそれでコンタクトレンズと洗浄・保存液で毎月数千円の費用がかかっています。

この維持を10年続けると数十万円かかることになります。

ICLは長く留置し続けるものですから、費用について考えるときは現状で要している細かいコストの積み重ねを考えて、その差分を意識することが大切です。

また、コンタクトレンズユーザーは費用だけでなく時間も多くそのためにかけています。

コンタクトレンズや洗浄・保存液の購買のためにドラッグストア店舗へ買いに行く時間や、ネットショップを探して注文する時間、そして1DAYの使い捨てレンズでなくリユーザブルなレンズをお使いの場合は毎日のお手入れのための時間がかかっています。

これらにかけていた時間が自由になれば、QOL(Quality of Life = 生活の質)が向上し、価値のある手術だったと満足できると思います。
 

問題点を克服した現在のホールICL

穴あきICLレンズ

視力矯正手術の方法としてレーシックが有名であることに対し、ICL手術はまだ認知度が高くないことから自分がそれをやることに不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。

確かにICLの実績はレーシックほど多くありません。

その理由のひとつには、過去のICL手術ではレーザーによる周辺部虹彩切開をしなければならないことから、手間とコストの観点から敬遠されていたということがあります。

ICLは水晶体と虹彩の間に留置されますが、そうすると眼内の房水の流れが悪くなり眼圧が上昇し緑内障に至る懸念がありました。

しかし現在では、レンズ面に穴があいたICL(後房型フェイキックIOL)が開発され、周辺部虹彩切開をしなくても房水が眼内を巡るようになり合併症のリスクが減っています。

医療技術は進歩しています。現在のICL手術は、価値のある処置として臨床で評価されています。
 

多根記念眼科病院データ

住所 大阪府大阪市西区境川1-1-39
アクセス ・阪神なんば線 九条駅2番出口より徒歩8分
・JR又は地下鉄鶴見緑地線 大正駅より徒歩8分
・地下鉄 大阪ドーム前千代崎駅より徒歩8分
受付時間 月~金 8:30~11:00/13:30~15:30
土曜 8:30~11:00
※土曜午前と平日午後は紹介状のある方のみ
休診日 日曜
公式サイト http://www.tanemem.com/
あわせて読みたい!