坪井眼科(大阪)のICLやレーシック手術はどうなの?

坪井眼科(大阪市西区)

  • 適応検査5400円
  • 安心LASIK NETWORK

大阪ICLガイド管理人レーシック手術は術後の感染や合併症といった心配がゼロではありません。

しかし、大阪市西区にある坪井眼科では、この感染や合併症を防いで日帰り手術も行っています。

抗生物質が効かない耐性菌は、重症患者がいる病院で発生するので、入院しないで自宅にその日のうちに帰る日帰り手術の方が安全です。

 

日帰り手術で感染も無く、医療費も節約出来ます

坪井眼科での視力回復手術は、まずレーシック手術があげられます。

レーシックは日帰りで行います。

入院すると感染や合併症の確率が上がることや、高齢者の方は入院中の転倒事故や寝たきりへの導入となってしまうことがあるので、日帰り手術の方が日常生活を変えなくて済むという大きなメリットですね。

日帰り手術なら、仕事を再開するのも早く、また一部の手術では仕事を続けながら手術を受けることも可能です。

医療費を大きく節約することが出来るので、坪井眼科での眼科手術では日帰り手術を行っています。
 

オーダーメイドで矯正するアイデザインレーシック

カウンセリングする医師

レーシックは麻酔点眼後、フラップを作成し、そこからレーザーを照射して角膜の歪みを矯正します。

坪井眼科の「アイデザインレーシック」は、患者さんの角膜の歪みを精密に解析し、そのデータから患者さんに尤も適したレーザーを照射するオーダーメイド式のレーシックです。

安定した角膜フラップを作るフェトムセカンドレーザーと、患者さんに合った精緻な照射を行えるビジックスStar S4 IRを組み合わせることで、患者さん一人一人に最適な視力と鮮明な見え方を与えることが出来ます。

また、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正出来ないわずかな角膜の歪みまで、アイデザインレーシックなら矯正が可能なので、見え方がとても向上します。

この手術後の患者さんの実際の声を見てみましょう。

男性

31歳 男性
「かなり満足しています。コンタクトをつける手間も要らなくなりました。」
【術前視力】左:0.08、右:0.05
【術後視力】左:1.2、右:1.5

女性

22歳 女性
「満足。思ったより痛かったけれど、両眼2.0見えるようになって感動しました。また、スタッフの人達の対応が良く、病院内が綺麗です。先生が術後の痛みや術後の経過を丁寧に聞いてくれて良かったです。」
【術前視力】左0.06、右0.05
【術後視力】左2.0、右2.0

 

近視が強い方や角膜が薄い方にはICL

下記の状態の方はレーシックを受けることができません。

近視が強い場合
角膜が薄い場合
角膜形状が不正の場合

そういった場合は、ICL施術が適しています。

ICLとは、フェイキックIOLという有水晶体眼内レンズを目の中に入れて視力を矯正するものです。

水晶体を残したまま、患者さんに合ったレンズを入れるので、眼の調整力を失わずに視力矯正が出来るのがメリットです。

従来のICLでは、白内障や緑内障になる可能性があるとされてきました。

しかし近年、ICLの中央部に穴があるタイプに改善されたことにより、それらの心配は無くなりました。

ICLの手術は、視界のコントラスト感度が落ちないので、鮮明な視界を保てます。

また、特に女性には嬉しいことに、眼から入る紫外線を防いでくれるので、メラニン生成を抑制することも可能。

更に、有効光学部によって、夜間でも良好な視界を確保出来ます。

格闘技等、激しい運動をする方にも、この方法はフラップがずれるという恐れが無いのでよく利用されています。

坪井眼科データ

ICL費用 乱視なし:72万円(税込)
乱視あり:82万円(税込)
住所 大阪市西区北堀江1-3-2 Being四ツ橋ビル3F
アクセス ・地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅6番出口よりすぐ
・地下鉄長堀鶴見緑地線 西大橋駅4番出口より徒歩10分
・地下鉄御堂筋線 心斎橋駅8番出口西へ徒歩8分
診察時間 月~金 9:00~12:00、13:30~16:30
休診日 土曜・日曜・祝日
公式サイト http://www.tsuboi-eye.co.jp/
あわせて読みたい!