ひのうえ眼科(松原市)のICLはどうなの?費用や特徴は?

ひのうえ眼科

大阪ICLガイド管理人今、大阪で受けられる一番目に安全な視力矯正手術はICLです。

この手術は、眼内コンタクトレンズとも呼ばれ、レーシックの様に角膜を削ることなく、角膜の縁から柔らかいレンズを眼内に挿入するものです。

そして、ICLは日本で承認された医療機器を使用する、安全が確立された手術です。

何より、ひのうえ眼科はICL認定の医療機関なので、安心して手術が受けられます。
 

ひのうえ眼科のICL費用

乱視の有無 両眼料金(税込)
乱視なし 660,000円
乱視あり 770,000円

適応検査の料金

 ⇒ 8,800円(税込)

 

最新設備と医療技術、丁寧な対応

検査機器

ひのうえ眼科は数年前に大阪府松原市に移転したので、施設は新しく清潔で明るい病院です。

それと共に、医師達の技術向上にも力を入れていることで知られ、多焦点眼内レンズを使用する白内障手術に於いては、厚生省から認定された『先進医療認定施設』でもあります。

移転と共に、設備も最新の物を導入し、検査の精密さと患者さんへの最適な診断が受けられます。

治療方法についても、患者さんに丁寧な説明をし、話し合い、患者が納得して治療を受けられるようにしているので、不安や疑問点は何でも質問しましょう。

ひのうえ眼科では、手術希望や手術の相談専用の予約が出来ます。

特に、ICL手術はまだ新しい手術法と捉えられているので、わからない点は医師とじっくり相談することで、納得して決断できると思います。

 

ICLに向いている人、そうでない人を分かりやすく説明

ひのうえ眼科の待合室

実は、ICLは向いている方とそうでない方がいます。
ひのうえ眼科では、その点についても手術希望の方によく説明して、納得してもらっています。

ICLに向いているのは、

年齢21歳~45歳くらいまで
術前の近視度数が-6.0D以上の強度の近視の方
術前の乱視度数が2.5D以下の方
前房の深さが2.8mm以上ある方

です。

レーシックもそうですが、原則としてICLも老眼に対しては行えません。

また、妊娠中や白内障、緑内障、網膜疾患等、目の病気を持っている方やコラーゲンに対するアレルギーがある方はICL治療は行え誠があります。

ひのうえ眼科では、ICLは目と言う人間にとってとても大切な部位の手術に付いて、精密な検査結果を示すと共に、既往歴等を患者さんから聞き、慎重に手術の可否を判断します。
 

手術は多根記念眼科病院副院長が執刀

ICL手術を担当するのは、大阪の「多根記念眼科病院」の副院長である福岡佐知子医師です。

多根記念眼科病院は、日本眼科学会専門医制度研修施設に指定されている高度な医療技術を有する医師達がいる病院。

当然、ICLの手術歴も長く、経験豊富な福岡佐知子副院長自らが執刀します。

ICLは、眼内に生体適合性の高い優しい素材で出来たレンズを挿入することで、眼鏡やコンタクトレンズの様に手入れをしなくても、良好な視界を手に入れられる最新の矯正法です。

また、このレンズは取り出すことも出来るので、将来目の病気に罹った時や度数が変わった時等も対応出来ます。

ICL手術内容は、

拡大させた瞳孔に点眼麻酔
角膜の縁を3mm程切開
レンズを挿入
虹彩と水晶体の間に固定
開いた瞳孔を収縮させて手術終了。

日帰り手術が可能です。

手術内容は簡単に見えますが、角膜の縁を3mm切り取ったり、レンズを虹彩と水晶体の間に固定するには、目を知り尽くした上に、高度な技術が必要となります。

ひのうえ眼科では、院内の医療技術を高める為に、現在は多根記念眼科病院の副院長にICLを担当してもらっています。
 

術後の症状についても電子カルテで詳しく説明

施術機器

ひのうえ眼科では、術後についても患者が不安を感じない様に、手術の結果を電子カルテで見てもらいながら説明しています。

ひのうえ眼科では、眼科専用の電子カルテシステムを用いています。

パソコンの画面で、実際に行った手術の結果を患者に見てもらいながら、医学的な説明や、術後の生活の仕方等の注意点を説明。

患者は実際の自分の目の状態を知ることが出来、新たな疑問点や術後の不安な点について具体的な質問ができます。

ひのうえ眼科データ

住所 大阪府松原市天美東8丁目1-23
アクセス 近鉄南大阪線 河内天美駅から徒歩2分
受付時間 9:00~12:00、14:30~17:30
休診日 火曜午後、木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
駐車場 なし
公式サイト http://www.hinoue-ganka.com/