神戸神奈川アイクリニックでICLやってみた!ICLで人生変わった話【体験談】

ICL体験者

フリーライターR.Sさん(38歳)
2018年4月に神戸神奈川アイクリニック新宿院でICLを受ける
※ICL乱視なし、両目で68万円程
 

レーシックは不安だった

もともと10年前くらいにレーシックがブームになったとき、興味はあったものの手術を決意するまでには至っていませんでした。

その理由は…

単純に費用が高い
目を手術することが心配
どこの病院が信頼できるのかわからない

などでしたが、トータルとしては明確な理由というよりも漠然とした不安があったのだと思っています。

特に手術を依頼する病院に関しては、ネットで調べても怪しげな格安クリニックが上位に表示される状態だったので、自分で選ぶのはかなり怖かったです。
 

ホリエモンがICLをYouTubeで紹介していた

ICLを知ったのは2018年の2月頃でした。

YouTubeで堀江貴文さんの「ホリエモンチャンネル」という動画にICLの体験記が投稿されているのを見たのです。

この動画には、ホリエモンのアシスタント寺田有希さんが実際に手術を受けたときの様子がドキュメンタリータッチでまとめられています。

「これしかない!」と思った私は、すぐに神戸神奈川アイクリニック新宿院に適応検査の予約をして、3月に検査を受けました。

神戸神奈川アイクリニックの適応検査WEB予約はこちら
 
 

神戸神奈川アイクリニックでICLの適応検査の感想

適応検査を一言で表現すると「健康診断の眼科検診をより詳しくやる感じ」でした。

普通の視力検査や眼底検査はもちろんのこと、いろいろな機器で眼の奥の写真を撮ったり、視野検査をしたりなど1時間以上行ったと思います。

神戸神奈川アイクリニックの医師が、丁寧にICLの仕組みや手術の方法を説明してくれて安心感がありました。

神戸神奈川アイクリニックのカウンセリング漫画
(出典:神戸神奈川アイクリニック)

私が受けた「ホールICL」は、レンズに穴が空いていることで従来よりも高機能であることもわかりました。

そして適応検査の結果、ICL手術が可能(しかも乱視なし!)という結果になりました。

乱視が入るかは、検査結果が基準値を超えるかどうかなのですが、私はギリギリセーフでしたのでラッキーだったかも知れません。

多くの病院で「乱視あり」のレンズは料金が上がるからです。(神戸神奈川アイクリニックでは乱視があるとプラス10万円となります。。)
 

ICL手術の体験談

スターサージカル社のICLレンズ

これから手術を検討される方のために、私の体験談・感想を紹介しますね。

手術中の痛み
麻酔は目薬タイプなのでまったく痛みなし。

目に当てられた光をずっと見ていなければならないのが大変だった。

消毒液をドバドバ流しているので、目だけ溺れているような感覚だった。

何回か眼球を押されているような圧迫感があった。

手術後の具合
手術直後は休憩スペースのリクライニングシートで半分眠ったような状態で休憩となる。

徐々に落ち着いてきて、メガネもコンタクトもしていないのに壁の時計がはっきり見えたのを覚えている。

手術の翌日から生活は普通にできていた。

手術後から1週間くらいはサングラスがないと光がまぶしい。(サングラスはクリニックでもらえた)

ちなみに手術の時間は事前に説明を受けていた通り、両目で10〜15分程度でした。

視力は両目とも0.01から2.0まで見えるようになりました。

ICL手術を受けている間はちょっと辛く感じましたが、メリットを考えると大したことはありません。

なお、会社は土日休みですが、金曜に有休を取って手術を受けて、月曜にはいつも通り出社できていました。
 

ICL手術を終えて思うこと

別に誰かに推薦をお願いされているわけではありませんが、いまメガネやコンタクトを使っている人には全力でおすすめします。

もちろん費用の問題や手術によるリスク、眼を手術することに対する不安などはあると思いますが、受けて後悔する可能性は限りなく低いことをお伝えしたいです。
 

神戸神奈川アイクリニックのカウンセリング漫画
(出典:神戸神奈川アイクリニック)

手術を受けてコンタクト代やメガネ代が掛からなくなった、という点も大きいですが、何よりも「快適な毎日」を手にしたことが最大のメリットだと思っています。

これはたぶん実際に手術を受けた人にしかわかりませんが、メガネやコンタクトの生活に慣れすぎると、裸眼で遠くまで見える感覚を忘れているのです。

視力矯正をしてみると、今までいかに多くの時間や手間を眼のことにかけてきたかを思い知ることになります。

それと同時に開放感があふれてきて、毎日が楽しくなり、生きて行くモチベーションをずっと高い状態で保つことができるのです。

良かった点
メガネやコンタクトを使用する手間がなくなった。コンタクトをつけていたときよりもクリアに見えるようになった。毎日が快適に過ごせるようになった。
微妙だった点
術前と術後に目薬を何回も使う必要だったので大変だった。手術は両目で15分程度だったが少し痛みがあった。

 

神戸神奈川アイクリニックICLの感想まとめ

この記事のタイトルは「人生が変わった」としていますが、間違いなく私の人生は、神戸神奈川アイクリニックでICL手術から良い方向に回り始めています。

手術を受ける受けないは個人の自由ですし、受けたくても費用や適応検査の結果によっては叶わない人もいるかも知れません。

ただ、少なくとも現在の医療技術としてこんな素晴らしい手術が存在することを知って頂きたいと思い記事を書きました。

これを読んで頂いた方の人生に少しでもプラスになってくれれば幸いです。

ICLの結果

右目: 施術前0.01→ 施術後2.0
左目: 施術前0.01→ 施術後2.0

 

神戸神奈川アイクリニックの詳細はこちら

大阪院の受付
(出典:神戸神奈川アイクリニック)