よしだ眼科クリニック(大阪)はどうなの?ICL手術の特徴を解説

よしだ眼科クリニック

大阪ICLガイド管理人近視を治したいと考えている人の中には、ICL手術に関心をもっている人も少なくありません。

大阪市にあるよしだ眼科クリニックは、ICL手術の実績は豊富です。

今回は大阪のよしだ眼科について詳しく紹介します。
 

よしだ眼科クリニック

検査室
(出典:よしだ眼科クリニック公式HP)

よしだ眼科クリニックは、大阪市港区で開業している医療機関です。

JR大阪環状線と大阪市高速電気軌道中央線の弁天町駅から徒歩3分と、アクセス良好な場所にクリニックがあります。

よしだ眼科クリニックはICL手術で有名ですが、白内障や緑内障などの一般的な眼疾患の治療も対応しています。

さらに眼科健診などの健康診断も受け付けています。手術ではICL手術の他に、日帰り硝子体手術や白内障日帰り手術なども行っています。

患者の様々な状態に対応するために、最新設備を数多く導入。例えば網膜の疾患が疑われる場合、3次元眼底画像撮影装置を用いて、目の状態をしっかりチェックします。

また、様々な疾患を特定するために、超広角走査型レーザー検眼鏡を用います。

最新の設備を取り入れることで、病気の早期発見や早期治療につなげています。
 

ICL手術の特徴

ICLレンズ

ICL手術は、眼球内の虹彩と水晶体の間にICLを取り付けて近視を治療する方法です。

このICLとは有水晶体眼内レンズ(Implantable Collamer Lens)の略称。

どんな人が向いている手術かというと、角膜が薄かったり近視が強かったりする場合に有効な手術だといわれています。

ICL手術は歴史は比較的浅く、2005年には米国FDAより認可を受けてから世界中に広まってきました。

日本国内では2010年に厚生労働省より有水晶体後房レンズとして承認され、手術を実施する眼科クリニックが少しずつ増えてきました。

ICLのメリット

ICL手術の良いところは、角膜を切除することなく、レンズを移植するという点です。

手術後に何かあっても、レンズを取り外して元の状態に戻すことが可能です。目の手術に不安がある人でも安心して受けることができる手術です。
 

よしだ眼科クリニックのICL料金

ICL費用
ICLレンズ 両眼料金(税別)
ICL 乱視なし 60.0万円
ICL 乱視あり 70.0万円

 

よしだ眼科クリニックのICL手術の流れ

よしだ眼科の手術室
(出典:よしだ眼科クリニック公式HP)

よしだ眼科クリニックでは手術をする前に、手術の流れや費用など、患者が疑問や不安に感じるようなことをきちんと説明してから実施します。

また、安全にICL手術を実施できるように、感染予防など万全の準備を怠りません。

ICL手術の流れ


まず手術をしやすいように、点眼薬を用いて瞳孔を大きく開かせます。


次いで点眼薬で麻酔を行います。


耳側の白目と黒目の境目の角膜を3ミリメートル程度切開します。


ICLを挿入して、それを虹彩と水晶体の間に固定させます。


切開した部分は、眼内圧によりそのままでも自然に閉鎖します。しかし、患者の状態によっては縫合術を行って閉鎖させることがあります。

以上がよしだ眼科クリニックにおけるICL手術の流れです。

患者が手術室に入ってから、手術が終わるまでに、片目で約20~30分程度要します。
 

よしだ眼科クリニックで手術を受けるメリット

よしだ眼科クリニックは大阪の弁天町駅から徒歩3分以内と好立地であるので、仕事帰りであったり、遠方に住んでいたりしても通いやすいというメリットがあります。

管理人 ピンク 右

また手術日は週に3日設けているので、それに合わせる必要はあります。

 

また院長は眼科専門医として、緑内障手術やレーシック手術など数多くの手術に立ち会っています。

臨床経験が豊富であり、さらに眼内コンタクトレンズ認定医やフェイキックIOL認定医など、数多くの資格も保有。

専門的な知識や技術を有し、症例が豊富な医師のもとでICL手術が受けられるので安心感があります。
 

よしだ眼科クリニックの詳細データ

よしだ眼科クリニックの住所

大阪市港区弁天1丁目3-3 クロスシティー弁天町2F

よしだ眼科クリニックのアクセス

・JR大阪環状線 弁天町駅から徒歩1分
・Osaka Metro中央線 弁天町駅から徒歩1分

受付時間

9:00~11:30、15:30~17:30

休診日

水曜、木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

駐車場

15台あり

よしだ眼科クリニックの地図

公式サイトはこちら